組織の考え方

フォレストエナジーでは、地産地消型の木質エネルギー事業の普及を通じて、「サステイナブルな森林経営」「地域経済の活性化」「脱炭素化社会」の実現にコミットしたメンバーが働いています。2015年に6名で創業した会社は2021年初夏に40名を超えました。この間、活動エリアも増え、当社メンバーの所在地は首都圏の他、和歌山県、群馬県、宮城県、長野県、岡山県、島根県などへと広がっています。Iターン、Uターン、2拠点生活など、様々なライフスタイルも誕生しています。

40kWから10,000kW規模の木質バイオマス発電事業の開発・運営を軸に、熱利用やバイオ炭利用の推進、早生樹や代替燃料などの研究開発、廃校の利活用による地域振興を手掛けています。メンバー各人の好奇心や自己実現を大切にした組織運営を心掛けています。

事業開発・セールス

500から2,000kWの地産地消型の木質バイオマス・プラントを開発するチーム(現在10名)の募集です。当社では、燃料となる木材供給先との関係構築、土地・系統の確保、地域連携、事業全体のプロジェクト・マネジメントを2~3名がチームを組んで進めます。地域に入って、様々な利害関係を調整しながら発電所作りを現場でリードできる20~30代を2名募集します。
コンパクトで効率良くウッドチップを燃料に熱電併給できるCHP「VOLTER 40」は、地域循環型の自然エネルギーとして既に国内で40台以上導入しました。ゼロエミッションビル(ZEB)の主電源や地域レジリエンスを高める非常用電源として、その用途も拡大しています。今回の募集は、現在2名の販売チームの3人目として一緒に取り組んでいける20-30代のコアメンバーの募集となります。
当社では木質バイオマスをガス化(≒炭化)して、その生成ガスを燃料に動くガスエンジンで発電します。その際、副産物として熱(80℃の温水)とバイオチャー(バイオ炭)が得られます。バイオ炭は土壌改良剤として地中微生物の他、浄水や調湿などに利用できます。特に土壌に使った場合は炭素貯留となり、カーボンクレジットが取得できます。このような発電所の副産物であるバイオ炭の商品開発と販売をリードできる30~50代を1名募集します。

プロジェクトマネジメントとファイナンス

フォレストエナジーは、地産地消型の木質バイオマス発電所を自社で開発し、建設後は子会社として運営します。2022年7月に3ヶ所目の発電所が島根県津和野町で稼働する他、年2〜3ヶ所のペースで新設します。これら子会社の事業計画策定、予実・KPI・コベナンツ管理を任せることができる20~30代のコアメンバーを1名募集します。

エンジニア

需要が拡大している小規模バイオマス・エネルギー分野において、当社は優れたガス化技術を有するSyncraft Engineering(400kWel、オーストリア)とCortus Energy(2,000kWel、スウェーデン)、Volter Oy(40kWel、フィンランド)のCHPプラントを日本に導入しています。自社プラントの拡大に伴い、エンジニアリング・チームに30代のプロジェクトリードエンジニア(プロセス/機械)を1名募集します。

木質バイオマス発電所

プロジェクトマネージャーとともに発電所の設置に向け、行政や地域企業との折衝を行ないます。建設中の施工管理にも関わり、完成へと導いていきます。商業運転後は、発電所の安定運用と社員の教育マネジメントの責任者を担って頂きます。
木質バイオマス発電所「新宮フォレストエナジー」の所長補佐を募集します。求めている人物像は、工場勤務経験がある30-50歳で、将来は発電所の所長として運営を任せられるコミュニケーション能力が高い人です。

コーポレート

フォレストエナジーは、地産地消型の木質バイオマス発電所を自社で開発し、建設後は子会社として運営します。2022年7月に3ヶ所目の発電所が島根県津和野町で稼働する他、年2〜3ヶ所のペースで新設します。事業が拡大する中、2022年5月にシリーズCで14億円のファーストクローズを実施しました。社長と経営管理部長と一緒に、これからIPOとその先を見据えたコーポレート部門作りをリードできるメンバーを募集します。
2015年に創業した当社は、2022年春に50名を超える組織になりました。22年7月には3つ目の木質バイオマス発電所が稼働予定であり、年2-3件のペースで新しい発電所を作っています。当社は発電所の開発と運営だけでなく、海外の優れたガス化設備を複数直接輸入し、オーナーズ・エンジニアリングとメンテナンスを自社でできる体制を作っています。地域循環型の自然エネルギーを作るで集まった多種多様な50名以上の社員としっかりとしたコミュニケーションを取れる「聴く」ことが得意な人事責任者を募集します。現在、当社に人事部はなく、社長がOne on Oneミーティングを通じて社員の状況を把握し、評価していることから、人事担当を新設することになります。
フォレストエナジーは、地産地消型の木質バイオマス発電所を自社で開発し、建設後は子会社として運営します。2022年7月に3ヶ所目の発電所が島根県津和野町で稼働する他、年2〜3ヶ所のペースで新設します。事業拠点が拡大する中、予算策定及び中長期戦略の策定等、経営陣や事業責任者に近い立場で企業価値最大化のサポートをするため、経営管理の専任者を新たに置きます。今回の募集は、経営管理業務をリーダーとして自ら考え作り込んでいける、マネージャーの募集となります。