東京センチュリーとのVolter販売提携について

PDF

2021年3月9日

フォレストエナジー株式会社
東京センチュリー株式会社

東京センチュリーとのVolter販売提携について

 

フォレストエナジー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社⾧:沼 真吾、以下「フォレストエナジー」)と、東京センチュリー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社⾧:野上 誠、以下「東京センチュリー」)は、 地域の再生可能エネルギー普及を推進するべく、フォレストエナジーが販売する小型バイオマス熱電併給設備 「Volter」の販売提携に関して基本合意いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

< 記 >

東京センチュリーは、規制に縛られない自由な経営環境のもと、国内外のパートナー企業との共創による「金融×サ ービス×事業」が融合したビジネスモデルの発展・拡大に注力しております。近年、脱炭素社会の実現に向けた動きが 加速する中、太陽光発電事業をはじめとする再生可能エネルギー事業の拡大に取り組み、太陽光発電事業者としては国 内屈指の規模を有しております。

東京センチュリーは、再生可能エネルギー由来の電力需要があるお客さまに対して「Volter」の活用を提案するとと もに、太陽光発電事業等で培った事業ノウハウを生かすことにより、「Volter」を活用した小型バイオマス熱電供給事 業への参画を目指します。

フォレストエナジーは、地産地消型の木質バイオマス発電所を運営する地域自然エネルギー会社であります。小規模 でエネルギー効率の高い優れたガス化技術を有するフィンランドのVolter Oy やオーストリアのSyncraft Engineering GmbH との提携を通じて、中山間地域を対象にエネルギー事業を開発・運営する体制を整えておりま す。「Volter」設備を活用した分散型エネルギープランの策定や実施を通じて、環境問題と地域課題の解決を両立した 地域レジリエンスの向上に取り組んでおります。

本提携により、東京センチュリーとフォレストエナジーは、国内木質等バイオマス発電による再生可能エネルギーの 普及・促進に取り組むことにより、地域産業の活性化や自然エネルギーを活用することで、パリ協定やSDGs が目指す 脱炭素社会の実現に貢献してまいります。


【本件に関するお問い合わせ】

東京センチュリー株式会社 広報IR 部 (TEL) 03-5209-6710
フォレストエナジー株式会社 広報担当 (Email)info@forestenergy.jp