和歌山県新宮市における国内バイオマス100%利用のバイオマス発電事業について

フォレストエナジー株式会社
新宮フォレストエナジー合同会社

フォレストエナジー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:沼 真吾)は、和歌山県新宮市における木質バイオマス発電事業(以下、新宮プラント)の資金調達について、株式会社紀陽銀行をアレンジャーとするプロジェクトファイナンスによるシンジケートローン契約を締結致しました。新宮プラントは2020年12月の稼動に向け新たな一歩を踏み出します。

新宮プラントについて

新宮プラントは、年間約2万トンの原木を紀南地域から集材、自社工場でウッドチップに加工・乾燥して、約1,800kWの電気(約3,900世帯分)及び約3,800kWの熱(温水)を供給します(コージェネレーション、以下「コジェネ」)。

新宮プラントには当社が提携するオーストリアSyncraft Engineering GmbH(以下、Syncraft)のガス化設備とJenbacherのガスエンジンを各4台設置します。本件はSyncraftのガス化設備を使う、日本での初めてのプロジェクトになります。Syncraft製品は発電効率29%、総合エネルギー効率は約85%と高いこと、樹皮(バーク)を含む原木を丸ごと燃料として使用できること並びに安定した稼働実績を有することから、近年オーストリアを中心に実績を伸ばしています。

新宮プラントではチップ工場と乾燥機を併設することで、燃料供給元で加工・乾燥工程を負担することなく、間伐材・低質材の流通量を増やすことができるため、地域の素材生産会社及び林業者の事業拡大を通じた森林整備の促進に役立つものと考えます。このような、国内のバイオマス資源を100%使用したバイオマス発電所の普及を通じて、地域で未利用になっている木質資源に適切な価値をつけることで地域経済の活性化を図ると同時に森林の健全な再生・成長を支援してまいります。

今後は、超小型コジェネ設備Volter 40の紀南地域での販売も開始します。Volter 40はグリーンハウスや工場など熱需要地の近くに設置することを想定した40kWの電気と100kWの熱を供給する超小型設備であり、地域における木質バイオマスによる熱利用をさらに促進するものです。新宮プラントから乾燥ウッドチップの供給や設備のメンテナンスサービスを提供することで、地域資源循環型エネルギーシステムの構築を進めていきます。

新宮プラントの事業概要

発電会社/借入人 新宮フォレストエナジー合同会社
事業地 和歌山県新宮市佐野三丁目
出資者 フォレストエナジー株式会社、他数社
融資形態 プロジェクトファイナンスによるシンジケートローン
融資シンジケート団 株式会社紀陽銀行(アレンジャー兼エージェント)、
株式会社第三銀行 、
株式会社百五銀行
融資額 約27億円
出力規模 電気:約1,800 kW、熱:約3,800 kW
想定年間発電量 約1,428万kWh
(一般家庭3,900世帯の年間使用電力量に相当)
燃料種類 近隣地域の木材を使ったウッドチップ
燃料使用量 年間約2万トン
商業運転開始 2020年12月(予定)
トランザクション カウンセル ベーカー&マッケンジー法律事務所

*事業概要は本件発表時点での計画であり、今後変更となることがあります。

本件に関する問い合わせ先
広報担当 中山、後藤
電話:03-5624-7151
Email:info@forestenergy.jp

PDF

Spread the word. Share this post!