宮崎森林発電所の全株式売却

2017年5月15日

フォレストエナジー株式会社(本社: 東京都墨田区、代表取締役:沼 真吾、以下「フォレストエナジー」)は、フォレストエナジーが保有する株式会社宮崎森林発電所(宮崎県児湯郡川南町、代表取締役:山下 壽、以下「宮崎森林発電所」)の全株式を売却しましたので、お知らせします。

フォレストエナジーは2014年5月に木質バイオマス発電事業の事業者である宮崎森林発電所に普通株式2.4億円を出資して以降、建設の管理、建中資金の提供、プロジェクトファイナンスのアレンジ、発電所の運転に関する助言や専門家の派遣を行ってまいりました。

2015年4月に商業運転を開始してから2年が経過し、燃料調達並びに発電所の運転が順調に推移しているなか、地元の事業パートナーの要望を受け入れる形で、フォレストエナジーの保有する普通株式全部を売却しました。

Spread the word. Share this post!