Volter 40(屋内型)

2018年6月より、フォレストエナジーはフィンランドVolter Oyの輸入販売代理店になりました。2018年夏から日本国内での販売を開始する予定です。

主力製品であるVolter 40(屋内型)は単独でも複数組み合わせてでも利用できる、フレキシブルでコンパクトな熱電併給システムです。全てのVolter 40はフィンランドのVolter本社の工場で組み立て、テストをしたのち販売します。

発電出力40kW
熱供給100kW(85℃の温水)
燃料ウッドチップ(切削)、含水率<15%、10~30㎜が80%以上
燃料投入量38kg/時間。含水率50%で1日約1.5㌧、7,800時間で約500㌧
生成ガスH2(水素) 17%
CO(一酸化炭素) 25%
CO2(二酸化炭素) 8%
CH4(メタン) 2.5%
N2(窒素) 47.5%
500㍑/週、燃料の1~2%
基本設備CHP設備一式、Schneider製の制御装置(遠隔監視付)
ガスエンジン:AGCO Sisu Power 8.4㍑、6シリンダー、自然吸気
オプション燃料供給装置、乾燥機、排ガス浄化システム等
設置スペース設備: L=4,820㎜  W=1,270㎜  H=2,500㎜
両サイドに最低1,200㎜の作業スペースがあるコンクリ基礎
重量約4,500 kg

CHPシステムの全体像

Volter 40(屋内型)はダウンドラフト方式のガス化設備です。乾燥したウッドチップをガス化によって生成したガスでガスエンジンを稼働して発電並びに熱供給します。無駄を排除した洗練したVolterのシステムは、適切な環境下で年間7,800時間稼働します。

Volter 40の設置(動画)