コンパクトで自動化されたCHP

Volter 40は固定床ダウンドラフト方式のガス化設備です。乾燥した切削ウッドチップを燃料にして、ガス化による生成ガスでガスエンジンを稼働して発電並びに熱供給します。Volter 40は単独でも複数組み合わせてでも利用できる、フレキシブルでコンパクトな熱電併給システムです。無駄を排除した洗練したVolterのシステムは、適切な環境下で年間7,800時間稼働します。全てのVolter 40はフィンランドのVolter本社の工場で組み立て、テストをしたのち販売します。

ボルタージャパン

2018年6月、フォレストエナジーはフィンランドVolter Oyの輸入販売代理店になりました。2018年11月、ボルター秋田(旧ボルタージャパン)と業務提携し、秋田県を除く全国のVolter販売業務をボルタージャパン合同会社に一本化することにしました。メンテナンスサービスはボルタージャパン及びボルター秋田が連携して、日本全国で提供します。

Volter Oyの会社紹介

Volter 40の設置