組織の考え方

フォレストエナジーでは、木を燃料とする自然エネルギーの普及を通じて、「サステイナブルな森林経営」「地域経済の活性化」「脱炭素化社会」の実現にコミットしたメンバーが働いています。2015年に6名で創業した会社は2019年末に20名を超えました。組織作りはまだまだこれからですが、「これは私が作ったんだ」という仕事の手触り感とたようせいを大切にした組織運営を心掛けています。

プラント開発(ジュニア)

500から2,000kWの木質バイオマス・プラントの開発チームを拡大中です。当社では、燃料となる木材供給先との関係構築、土地・系統の確保、地域連携、事業全体のプロジェクト・マネジメント(PM)を担当するチームメンバーを年間1~3名通年採用しています。4人いるPM責任者と連携して動ける、対人関係に優れ、俯瞰的な視野を持ち、ExcelやPowerPointの活用に長けている20~30代を求めています。木質バイオマス発電の経験は問いません。

O&Mエンジニア(ガスエンジン)

需要が拡大している小規模バイオマス・エネルギー分野において、当社は優れたガス化技術を有するSyncraft Engineering、Cortus Energy、Volter OyのCHPプラントを日本に導入しています。自社プラントの拡大に伴い、Jenbacher等のガスエンジンをメンテナンスできるO&Mエンジニアを募集します。

本社会計責任者

事業ステージが拡大期に入ったことから、管理部門に会計・決算の専門担当を配置します。本社と多数の子会社の会計・決算を一手に引き受けて頂きます。品川区の本社勤務、勤務時間や勤務日数は柔軟に対応できますので、専門性を生かしながら、個人のライフスタイル・ワークスタイルを重視したい方、歓迎します。