宮崎県都農町「分散型エネルギーインフラプロジェクト」のマスタープランづくりへの参画について

PDF

フォレストエナジー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:沼 真吾)は、都農町が進める『「超早生樹」と最先端バイオマスガス化設備による地域課題解決型の地産地消木質バイオマス熱電併給プロジェクト』のマスタープランづくりに参画することになりました。

当マスタープランの策定においては、バイオマス燃料乾燥センターに、剪定枝や風倒木、竹、稲わら、雑木等を活用できる最先端のバイオマスガス化乾燥設備を導入し、町内の耕作放棄地で育てた「超早生樹」や地域で処理に困っているバイオマス資源を活用して、町有林等による乾燥チップを製造するプロジェクトの実現可能性を検討します。

将来、このプロジェクトが実現すれば、製造された乾燥チップやペレットは、新たなエネルギーインフラである地域配送システムにより、需要サイドの超小型木質バイオマス熱電併給設備に供給され、地産地消型木質バイオマス熱電併給が可能となります。また、災害時等の停電時は、自立型の非常用電源・熱源として機能します。

これらの取り組みにより、地域課題の解決や地域活性化、新産業による雇用創出、災害に強いまちづくりなどの実現が見込まれるとともに、固定価格買取制度(FIT制度)の終了後も持続可能な地域型バイオマスエネルギーモデルを構築することを目指します。

フォレストエナジー株式会社は、当マスタープランづくりに参画し、都農町内で最先端のバイオマスガス化乾燥設備の研究開発を実施するとともに、大学等の研究機関、地域のエネルギー会社、熱利用会社等とともに実践的検討を行い、都農町が行うマスタープランづくりに貢献する予定です。


都農町分散型エネルギーインフラプロジェクトの事業概要


地域課題と本プロジェクトによる対応


本件に関する問い合わせ先
広報担当
電話:03-5624-7151
Email:info@forestenergy.jp